パーツごとに変える脱毛法

###Site Name###

パーツごとに脱毛法を変えると、効率良く処理を行うことができます。たとえば、脇の下のように狭いパーツであり人目に触れる可能性が高い場合には、時間やお金のかかるニードル脱毛でも処理できます。
この方法は仕上がりが綺麗で効果も非常に優れているのですが、時間がかかり過ぎるのと費用が高額になることがネックです。
施術を受けるにあたり効果を一番に重視している場合には、狭い範囲を行う時に限りこの方法がもっとも適していると言えます。


少し広めのパーツであり、ムダ毛が多かったり濃い場合には医療レーザー脱毛が適しています。



光脱毛と仕組みはよく似ていますが、こちらの方が出力が強いので一回あたりの効果も優れています。



ですから、短い期間で施術を終えたい時にはレーザー照射の方が便利です。
ただし、光を照射する場合よりも刺激が強いので、痛みに弱い人はお試し照射でその感触を確かめておかなければなりません。

広い範囲をスピーディーに安く処理を行いたいという場合には光脱毛がおすすめです。

一照射あたりの面積が広く、一回の施術で行える範囲が大きいので、時間のない人に向いています。

ムダ毛を無くすだけでなく美肌効果まで得られるのがこの施術の良さであり、かかる時間と費用は一般的に比例しますので料金も安くなります。



一点だけ注意しなければならないのは、導入されている機器によっては産毛には反応しないということであり、メラニン色素の薄いムダ毛を処理できないケースもあります。